デイリーケア⑤歯のケア

犬は永久歯でいる期間が非常に長いため、歯のケアはしっかりと行ってあげる必要があります。歯磨きを嫌がる犬はとても多いですので、正しい歯磨きの方法を身に着けて、愛犬の歯の健康を守ってあげて下さい。

Step1 口まわり触って抵抗感をなくす

歯磨きをする場合、長時間しっかりと口元を触ることになります。犬の多くは口を触られることを嫌いますので、まずは口元を触ることに慣れさせる必要があります。いきなり歯磨きをするのではなく、口元や歯を飼い主が触っても動揺しないようにさせて下さい。まずは口元を軽く触り、長時間触っても嫌がるそぶりを見せなければ、口を開けて歯を触ってみましょう。歯を触られるのは特に嫌がりますので、ごまかすためにごほうびを食べさせるという方法もあります。口元と歯を触らせてくれたらごほうびをあげ、それを繰り返し行って抵抗感をなくしましょう。飼い主が口元や歯を触っても動揺しなくなったら、歯磨きが出来る段階にまで成長をしたと言えます。

Step2 ガーゼで歯磨きをする

いきなり歯ブラシで歯磨きをしてしまうと、口を触られることに慣れた犬でもビックリしてしまいます。ですので、まずはガーゼで優しく拭きながら歯磨きをしてあげて下さい。使用するガーゼは、人間が使用するガーゼをカットして使うのもいいですし、犬の歯磨き用のガーゼを購入して使うのもいいです。前歯→奥歯の順にしっかりと汚れを拭き取っていきましょう。

Step3 歯ブラシで歯磨きをする

ガーゼでの歯磨きに慣れたら、いよいよ歯ブラシを使って歯磨きをします。最初は歯の表面を軽く磨く程度にして、徐々に慣れてきたら奥歯まで磨くようにしましょう。歯ブラシを使った歯磨きを不快と感じる犬も多いですので、長時間の歯磨きは避けた方が良いでしょう。1本の歯を磨いたらごほうびをあげて休憩させ、歯磨きを再開するということを繰り返して下さい。