デイリーケア④ 目元と耳のケア

愛犬の健康を守るために、日常的に行って欲しいケアはたくさんありますが、目元と耳のケアも行って欲しいケアの1つです。なぜケアを行って欲しいのか、またケアの方法を今回はお話しさせて頂きます。

目元のケア

目元のケアを行うことで、目の病気を予防することが出来ます。また、目元をチェックするクセがついていれば、愛犬の身体の異変にも気づきやすいため、目元のケアは日常的に行って欲しいのです。

目元のケアといっても、そんなに難しいことではありません。涙や目ヤニを拭きとってあげるという簡単なことです。タオルを濡らしてサッと拭いてあげるだけでOKです。ただ、犬種やその子の身体の特徴によって、涙やけをしやすいことがあります。涙やけをしやすい子の場合は、拭き取った後にローションでケアをしてあげることをお勧めします。

耳のケア

耳のケアを怠ってしまうと、耳の皮膚が炎症を起こしてしまうリスクが高くなってしまいます。特にビーグルなどの耳が垂れさがっている犬種や、プードルのように耳周りに毛がたくさん生えている犬種は、蒸れたり不衛生な状態になりやすく、皮膚炎などのトラブルを起こしやすいと言われています。耳のケアを行うことで防ぐことが出来るのですから、飼い主として出来る限りのケアは行って頂かなければいけません。

 耳のケアも難しいことはありません。コットンをローションで濡らして、マッサージをするように汚れを浮き出してあげます。そして、浮き出た汚れを乾いたコットンで拭き取ってあげます。

これだけ簡単なケアなら、毎日でも行うことが出来ると思います。

 毎日耳のケアをしてあげことで、異変にもすぐに気づくことが出来ます。もし、耳ダレが出ていたり、皮膚が赤く炎症をしているようなことがあれば、すぐに獣医に診せるようにして下さい。