問題行動、トラブル⑤リードをひっぱる

愛犬を外に出す場合、リードの装着は必ず行わなければなりません。リードというのは、外出先で出会う人や犬とのトラブルを避けるために使用するという意味合いが大きいですが、愛犬と飼い主との関係性を築くうえでも大切なアイテムでもあるのです。愛犬と飼い主との関係性が上手く築けていない場合、リードをひっぱるというクセがよく見られます。主従関係をきちんと築くことが出来なければ、リードのひっぱりグセはもちろんですが、飼い主の言うことを耳にすることが出来ず、思うがままに行動をするようになってしまいます。主従関係を築くうえでも、リードのひっぱりグセは直す必要があるのです。それでは、ひっぱりグセがある犬の更生トレーニング方法をご紹介したいと思います。

対処方法その1 止まる

もし、愛犬がリードをひっぱって自分の好きなように動こうとしたら、リードをひっぱってリードを固定し自由に動けないようにして下さい。こうすることで、犬はリードをひっぱると歩くことが出来なくなってしまう、と認識をするようになります。

対処方法その2 方向転換時にごほうびで誘導

リードのひっぱりグセは、方向転換をするときによく見られます。角を曲がったりUターンをする際には、飼い主の側を離れずに一緒に歩いて欲しいので、ごほうびを見せながら方向転換をして下さい。きちんと飼い主の向く方向に着いてきたら、持っているごほうびをあげて褒めましょう。方向転換をするたびに行うことで、方向転換時のひっぱりグセを直すことが出来ます。

対処方法その3 ひっぱりグセを直す補助道具の利用

ひっぱりグセがなかなか直らない場合は、以下の補助道具を使うという手もあります。

・センシブルハーネス

・ジェントルリーダー

◆お散歩は絶好のトレーニングチャンス

お散歩時には必ずリードを着用しますし、散歩道の途中で方向転換をすることもあるでしょう。そういったことから、お散歩はひっぱりグゼを直す絶好のトレーニングチャンスなのです。お散歩は、愛犬の身体を動かす、排泄を行う、さまざまなニオイをかぐ、家族以外の人や犬と会う、といったさまざまな目的がありますが、リードのひっぱりグセを直すトレーニングの時間としても大切にするようにして下さい。