問題行動を直してトラブルがないようにしよう!

愛犬が取る行動で、困ってしまったり、他人に迷惑をかけてしまった経験ありませんか?愛犬の問題行動は、単に叱っただけでは直りません。なぜそのような行動を取ったのか、その原因をしっかりと追究をし、正しい行動を教えることが大切なのです。問題行動を正してあげることで、飼い主自身も安心をすることが出来ますし、愛犬にとってもプラスになります。さまざまな問題行動別に、その対処法をお伝えしていきますので、参考にして頂ければと思います。

起こりやすいトラブル①トイレの問題

◆しからず騒がず、落ちついて対処しよう

飼い主側からすると、部屋を汚されたくないという思いから、決まった場所でトイレをして欲しいと思います。しかし犬という動物は、決まった場所でトイレをするという習性を持っていません。決まった場所でトイレをするという習性がないことから、トイレに関するトラブルは多く見られます。しかし、私たち飼い主がきちんとトイレコントロールをしてあげれば、愛犬は決まった場所できちんとトイレをしてくれるようになります。さまざまなトイレトラブルから、その原因と対策方法をみていきます。

Case1 トイレからはみ出して排泄をする

トイレからはみ出して排泄をする場合、トイレの場所はきちんと認識をすることが出来ていますので、はみ出しにくいトイレ環境にしてあげることで、問題を解決することが出来ます。

 トイレのサイズが小さいことではみ出して排泄をしてしまう場合、大きいトイレに変えてあげれば問題は解決します。犬はトイレをするまえにクルクルと回る習性がありますので、その範囲より広めの大きさのトイレが、理想的なサイズと言われています。

Case2 ウンチを食べてしまう

排泄物を口にしてしまうというクセは、飼い主の方も非常に心配をされるでしょう。排泄物を食べるクセがある場合、身体の異常が原因の場合もありますので、獣医の診察をまずは受けましょう。診察を受けて問題がなければ、その他の原因がありますので、原因に応じて対処をしていくようにしましょう。

身体の異常が原因ではない場合、退屈しのぎで排泄物を食べてしまっている可能性が高いです。

そういった場合は、排泄後にウンチに興味を示さないよう、ごほうびを与えてウンチから気をそらせるようにして下さい。留守中にウンチを食べてしまう場合、おもちゃを置くなどして、退屈させないよう工夫をしましょう。

Case3 トイレシートを破ってしまう

トイレシートを破ってしまう場合、遊び足りないことが原因で、トイレシートをおもちゃのようにしてしまっていることが多いです。対策としては、おもちゃでいつでも遊べる環境にしてあげたり、トイレカバーを付けて物理的にトイレシートを破ることが出来ないようにするのがいいでしょう。また、ゲージの中にトイレを設置して長時間その中にいると、トイレとその他のエリアとの区別が付かなくなってしまい、トイレで遊んでしまうクセが付いている可能性もあります。

そういった場合は、トイレと生活スペースを区別化してあげることで、トイレでのイタズラはなくなります。

Case4 マーキングをしてしまう

マーキングをしてしまうという問題は、男の子だけに起こる問題です。これは、犬の本能的な行動ですので、飼い主が直そうと思っても直すことは非常に難しいです。マーキングを止めて欲しいのであれば、去勢を検討するのが1番ではあります。

Case5 室内で排泄をしない

犬はトイレの場所を決める習性はありませんので、屋外でしか排泄をしないというのは、これまでの生活で習慣付いてしまったとしか考えられません。外で排泄をすることを教え込んだ飼い主側に責任がありますので、室内で排泄をさせることを再度教え込ませるのはとても難しいことです。どうしてもということであれば、トイレを室内でするまで外に出さないといった方法を行って下さい。しかし、屋外でしかトイレをしない習性が身に着いている犬は、我慢をして膀胱炎になってしまうこともありますので、1度屋外で排泄をすることを覚えた犬は、そのままの習慣で生活をさせてあげることがベストだと思います。