基本のトレーニング④伏せ

愛犬を長時間おとなしくさせておきたいなら、「伏せ」は是非とも教えておいて頂きたいです。犬にとって伏せの姿勢は、身体をリラックスさせることが出来るため、長時間同じ姿勢で居続けても身体への疲労が少ないのです。

ただ、伏せは低い体勢を取らなければいけないので、犬によっては警戒をしてなかなか指示に従ってくれないこともあります。お座りに比べると覚えるのに時間がかかるかもしれませんが、ゆっくりと時間をかけて教えてあげるようにして下さい。

Step1 誘導から伏せの指示を出す

ごほうびを手にもって愛犬の鼻先へと近づけます。そして、伏せの姿勢を取りやすいように真下に手を下ろします。ごほうびにつられて低い姿勢を取り、伏せをしてくれるでしょう。伏せの姿勢を取ることが出来たら、ごほうびをあげて褒めて下さい。

Step2 伏せの体勢をコントロール

伏せが出来ても一瞬で立ち上がるようでは意味がありません。長時間伏せの姿勢を維持出来るようにする必要があります。ごほうびを持った手を下に下げたまま一定の時間キープして、愛犬が伏せの姿勢を保てる状況をつくってあげます。

落ち着きを保ったまま伏せの姿勢を続けることが出来たら、手を広げてごほうびをあげましょう。ごほうびをあげる際に「OK」と言葉をかけるようにして、声掛けがあるまで指示を出された姿勢をキープしなければいけない、ということを教え込むことも大切です。

Step3 伏せのハンドシグナルを教える

これまでは、ごほうびにつられて姿勢を低くするようにしていたのですが、飼い主の手の動き(ハンドシグナル)だけで伏せが出来るようにトレーニングをします。

「伏せ」という声掛けを行い、手のひらを床に向けて下ろします。愛犬に指示が伝わりやすいよう、出来るだけ低い位置まで一気に手を下げるようにして下さい。

愛犬が伏せの指示に従い、飼い主の様子を伺うように目線を合わせたら、ごほうびをあげるようにしましょう。

ごほうびをあげた後も伏せの姿勢をキープ出来るよう、ごほうびをあげる際は短時間で済ませ、ごほうびをあげたらすぐに直立の姿勢に戻してください。ごほうびをあげた後も「OK」の指示がなければ伏せの姿勢をキープするのが理想的な姿です。

Step4 言葉で指示が聞けるようにする

次のステップは、ハンドルシグナルをせずに「伏せ」の言葉だけで指示が聞けるようにします。

いきなりハンドシグナル無しでは難しいですので、小さめにハンドシグナルを出して声掛けをメインに行うようにします。そうすることで、徐々に「伏せ」という言葉の意味を理解し、言葉だけで伏せの姿勢を取ることが出来るようになります。

伏せの姿勢をキープできたらごほうびをあげることも忘れないで下さい。

Step5 ハンドシグナル無しで指示を出す

「伏せ」の言葉の意味が理解出来たら、ハンドシグナルを一切行わずに言葉だけで伏せが出来るようにします。

ごほうびが手からもらえると思っていると、飼い主の手の動きに集中をしてしまいますので、ごほうびをポケットやかばんの中から出すようにして、手への注目をなくすようにしましょう。

そうすることで、言葉に対する反応も強くなり、言葉による指示で伏せの姿勢が取れるようになります。

◆外出先でも出来るように練習をしよう

伏せの姿勢というのは、落ち着く姿勢ではあるのですが、姿勢を取るまでは非常に警戒をします。落ち着ける環境の自宅では出来ても、外出先では出来ないということもあります。ですので、積極的に伏せのトレーニングは外出先で行ってみて下さい。

警戒している状況で伏せが出来れば、どんな状況であっても問題なく伏せの指示を聞くことが出来ると思って大丈夫です。