基本のトレーニング③お座り

愛犬に指示を出す動作の中でも、最も回数が多いものが「お座り」ではないでしょうか。

愛犬を家族以外の人に会わせたり、自宅から外に出る場合には、「お座り」は絶対に覚えさせておいて欲しい動作と言えます。その理由は、お座りにはさまざまな効果があるからです。それでは、「お座り」を愛犬に覚えさせるためのトレーニングをご紹介します。

Step1 誘導からお座りの指示を出す

お座りのトレーニングをする前段階で、誘導のトレーニングを済ませておくことをお勧めします。誘導を身に着けていれば、愛犬は飼い主の側で指示を待つことが出来るようになっていますので、飼い主は指示を出しやすく、愛犬は指示を聞きやすいため、トレーニングが非常にスムーズにいきます。

誘導の体制から、ごほうびを持った手を愛犬の鼻先に持っていき、グッと真上に引き上げて下さい。こうすることで、愛犬の頭は飼い主の手がある上の方向へ向き、お尻を下げてお座りの姿勢を取ってくれるのです。

Step2 お座りの体勢をコントロール

愛犬がお座りの体勢を取ったら、しばらくその状態をキープさせましょう。一定時間落ち着いた状態でお座りが出来たら、ごほうびのある手を愛犬の鼻へと持っていき、「OK」と声掛けをして手を広げ、ごほうびを食べさせてあげて下さい。

指示を出した姿勢を飼い主の指示があるまでキープ出来るということは、飼い主と愛犬との信頼関係を築くうえで非常に大切なことになりますし、また人と犬との安全を守るうえでも大切なことに繋がります。

Step3 言葉で指示が聞けるようにする

手をグッと上にあげるお座りのハンドシグナルを愛犬が完璧にマスター出来たら、次はハンドシグナルを小さくして言葉でお座りの指示が聞けるようにしましょう。ごほうびを持った手を軽く上にあげて「お座り」と指示を出します。

最初はハンドシグナルの小ささから指示を理解出来ないかもしれませんが、続けることでお座りをしてくれるようになるでしょう。きちんとお座りの姿勢が取れたら、ごほうびをあげて下さい。

ハンドシグナルを徐々に小さくしていくことで、言葉だけで何の指示を出されているか理解出来るようになります。

Step4 ハンドシグナル無しで指示を出す

小さなハンドシグナルで言葉を中心とした指示に対しても、きちんとお座りの姿勢が取れるようになれば、次は「お座り」の言葉だけで指示が聞けるようにしていきましょう。言葉だけで指示を出しますので、ごほうびを手にもっておく必要はありません。

愛犬が飼い主の手だけに集中をしないためにも、ポケットやバッグなど色々なところからごほうびを出すと効果的です。

◆お座りが犬に与える効果

「お座り」の指示は、信号待ちをするときや人と接するときなど、愛犬をジッと待たせたいときに使うことが多いと思います。このお座りの姿勢を取ることで、犬は落ち着くことが出来ると言われています。

静かにしておいて欲しいときに出す指示としても、お座りは効果を発揮してくれるのではないでしょうか。